後期高齢者医療制度の支給記事一覧

後期高齢者医療制度の支給

後期高齢者医療制度は、一体どのような時に、利用できるのでしょうか。
ご自分が、すでに該当者である方や、該当する家族がいる人は、その点が気になると思います。

病院での自己負担が今まで通りに減ることは、ご存知の方も多いようです。
それ以外にも、後期高齢者医療制度で、支給されるお金もあります。

では、ここでどのような場合なったら、支給を受けられるのか、ここでご紹介しましょう。
覚えておいて、いざと言う時は、きちんと申請したいものですね。

まず、その支給内容には、どのようなケースがあるのでしょうか。
病気、または怪我をして、病院で治療を受けた場合には、療養の給付が行われます。
病気、怪我で病院にかかった時、かかる医療費の1割、もしくは3割だけを、自分が負担することで、受診できるのです。

もし、急な怪我などで、保険証がないまま、病院にかかって、全額をいったん自己負担したとしても、療養費の支給は後日に受けられます。
全額を自己負担した後でも、期間内に申請して認められたら、自己負担するべき費用以外は、後日、療養費として戻ってくるのです。

それから、入院した場合、病院での食事代は、入院時食事療養費の支給として、給付を受け取ることが出来ます。
入院した際の食事代のなかで、「1食分として定められた費用」だけを自己負担すると、残りの分は、入院時食事療養費でもらえます。
また、療養病床に入院した際は、食費や居住費がもらえます。
これは、入院時生活療養費の支給です。
療養病床に入院すると、「定められた1食当りの食費」、それから「居住費」を自己負担すれば、残りは支給されます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。