後期高齢者医療制度の保険証記事一覧

後期高齢者医療制度の保険証

新しく後期高齢者医療制度と呼ばれる、いわば高齢者の保険制度がスタートしていますが、この被保険者証はどのようになるのでしょうか?
以前、もらっていた保険証とは、違ってくるのでしょうか。
この制度の対象となった人には、カードタイプの後期高齢者医療被保険者証がもらえます。
受け取りの記録が残るように、自治体から配達記録などで郵送されるでしょう。
特に申請する必要はなく、誰でも75歳になれば保険に加入することになるのです。
自治体では住民全員の誕生日を把握していますから、申請しなくても誰がいつ対象者となるのかを把握しています。

それから、この被保険者証の有効期間ですが、平成20年度に限っては75歳の誕生日から、翌年の7月31日でした。
これは、一定の障害のある人については、広域連合が認定したその日からスタートとなります。
すでに75歳以上の人においては、通常、4月1日から翌年の7月31日まで、1年4カ月間となっていました。
これは平成20年度、制度がスタートした年のことです。
4月にスタートしましたので、通常の8月更新としますと、スタートした時点と更新で年に2回も切り替えることになるので、その手間を省いたのでしょう。
ですから、スタートした年の有効期間は長かったのです。

そして、その後は毎年、8月に被保険者証を更新します。
よって、8月1日から翌年の7月31日まで、有効期間は1年間です。
後期高齢者医療制度と違って、以前の老人保健制度においては、被保険者証と、老人医療受給者証の両方が必要でした。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。