後期高齢者利用制度はなぜ出来たのか続き記事一覧

後期高齢者利用制度はなぜ出来たのか続き

それまでの保険システムでは、いずれ限界が来る、そうした理由から今回の後期高齢者医療制度が発足したのです。
医療制度の改革はこれだけではありませんが、その柱として、高齢者層を独立した保険制度にくくると言った世界的にも珍しい制度がスタートしたのです。

高齢者人口が増え続けている日本、そして、小子化も急速に進んでいます。
日本人の寿命が延びていることは、とても喜ばしいことではありますが、その分、高齢になるとどうしても病院にかかる回数も増えますし、いろいろな病気になりやすくなってしまいます。
それでも現在の医療は優れていますので、病気が治り、長生きする人も増えていますよね。

ですが、少子化が進み、高齢者が増えると、老人医療受給者は増えて、それを支える現役の人達が少なくなってきます
ですから、長い目で見て、将来、保険制度が持続出来るように、今回、保険制度の見直しがされたのです。
こうして、後期高齢者に見合った、新たな医療制度が必要となったことが、新制度発足の原因ですね。

また、財政的にも安定した医療制度を作らなければなりませんから、現役世代、高齢者世代、これらの世代が、どのように負担すれば保険制度が持続させられるか、それを明確にするための制度です。
後期高齢者医療制度は、公平、かつ、分かりやすい制度になるように作られました。
保険制度が独立し、安定して運営するよう、都道府県単位で作られた、広域連合が運営を行います。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。