後期高齢者医療制度の保険料記事一覧

後期高齢者医療制度の保険料

後期高齢者医療制度の対象となると、2008年4月からは老人保健医療受給者証や、各保険などの被保険者証が使えなくなります。
新制度における新しい被保険者証は、以前の被保険者番号ではありません。
それとは違う新たな番号をもらうことになります。

後期高齢者医療制度では、75歳以上の方、ひとりひとりが被保険者となります。
ですから、該当する高齢者の方たちも、市町村などの自治体から支給される、それぞれの被保険者証をひとりに一枚ずつ所持することになるのです。
ちなみに、生活保護受給者の場合、被保険者から除かれます。

それにかかる保険料はどうなるのでしょうか?
それは、後期高齢者の方が各自で、保険料を納めるのです。

例えば、国民健康保険では、世帯ずつ、保険料が計算されています。
それとは違って、後期高齢者医療制度になりますと、個人で保険料が計算されるのです。
そして、支払い方法ですが、年金が支給される分から、保険料が天引きされるようになりました。
これは、年金の支払期ごとに、該当分の保険料が特別徴収されることになっていました。
本来なら、全額もらえるはずの年金から、自分の保険料が先に引かれることになりますから、当然、自由になる年金の額が減りますよね。
これも、その後に改正され、2009年1月からは、口座振替による支払いも出来るようになりました。
それから、年金が年額18万円未満の場合、天引きの対象にはなりません。
月額にして、年金の額が1万5千円未満です。
このような方においては、納付書、または口座振替によって支払う形となります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。