後期高齢者医療制度その2記事一覧

後期高齢者医療制度その2

この後期高齢者医療制度が出来たことによって、後期高齢者と区分される人は、以前と比べ、どのように変わるのでしょうか?
それは、以前ですと、国民健康保険や、会社の健康保険などの医療制度に加入しながら、老人保健制度にも加入していたと思います。
そうして、双方において対象者は、医療サービスを受けられました。
それが、以前までの保険システムとは違うようになるのです。
双方で保険制度を受けるのではなく、75歳以上の方は独立した保険制度を受けることになります。

国民健康保険の場合は、脱退の手続きは不要で、この新制度に自動的に移行となります。
今までの制度と違うことは、家族の扶養になっている人を含めて、後期高齢者全員が保険料を払わなければならないことです。
ほとんどの方が年金から天引きされる形で保険料を徴収されます。
尚、天引き対象となる人は、年金が月あたり15000円以上となります。

2008年に後期高齢者医療制度がスタートしました。
ご説明したようにこれは、新しい医療制度です。
尚、この制度は、長寿医療制度と呼ばれている場合もあります。
記述の仕方が違っても、これらふたつは同じ制度ですから覚えておきましょう。

75歳以上の方が対象ですが、65歳から75歳未満の方は、後期に対して、前期高齢者と呼ばれています。
しかし、65歳以上で75歳未満の方であっても、寝たきりなど、一定の障害がある方で、その障害を認定されている方については、原則、後期高齢者医療制度の対象となります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。