後期高齢者医療制度における保険料の滞納

後期高齢者医療制度で、保険料を滞納した人はどのように対処されるのでしょうか。
保険料の支払いですが、年金からの天引き、また口座振替、現金で納めるなど、いろいろ方法があります。
保険料を現金で納める予定の人は、250万人で、全体の20パーセントと言われています。

では、この20パーセントの方々が、もし保険料を納めないと、滞納問題はどのように対応されるのでしょうか。
この滞納については、国民健康保険と同じ扱いとなるのです。

75歳以上の老人医療需受給対象者ですと、国民保険の被扶養者であった場合には、保険料は免除でした。
ですが、被扶養者ではない場合、保険料を滞納していても、保険証を取り上げることはありませんでした。
さて、新しい制度、後期高齢者医療制度になりますと、保険料を支払わない人は、保険証が取り上げられます。
そして、その代わりに資格証明書と言うものが発行されます。
保険証が手に入るまで、病院窓口での支払いは全額負担となります。

後日、それを申請したのなら、一部負担したお金以外の額は、戻ってきます。
ですが、実費負担となると病院にかかる度に大金が必要となるのでとても困りますよね。
このシステムですと、保険料を滞納する人に対しては、厳しい措置だと言えるでしょう。
滞納するのは勝手ですが、いざ病院にかかるとなると、高額なお金が一時的ですが必要となってしまいます。
保険料さえきちんと払っていれば、1割負担で済むことを考えたら、滞納しないほうが良いのは一目瞭然です。
病院にかからない自信があるのなら、滞納しても関係ないと思うかもしれません。
ですが、人間いつどんな病気、怪我になるかもしれませんから心配ですよね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。