後期高齢者医療制度についてその3

このシステムは75歳以上が対象ですが、75歳になる年から対象者なのでしょうか?
それとも、誕生日を迎えてからなのでしょうか?
この点について説明したいと思います。

後期高齢者医療制度が始まった2008年4月以降において、75歳になった方は、誕生日を迎えた日から、新しい制度の対象となります。
これは、特に手続きなどの必要はないのです。
手続きが不要ということは、選択の余地なく、75歳になったら自動的に新制度に加入となるわけです。
国が決定した制度ですから、私達、国民はこれに従わなければなりません。
私達が選挙で選んだ、私達の代表たちが決めたことですから、私達個人が納得していなくても、新制度に加入したくないと思っても、それは無理な話です。
誰もが75歳になったら、自動的に加入させられてしまうのです。

また、対象の年齢になったら、健康保険など他の保険から移行させられますが、次のようなケースは特別な措置が取られています。
例えば、月の途中において、75歳に達し、後期高齢者医療制度に移行したケースだとしましょう。
誕生日を迎えたその月に、病院にかかり高額な医療費を払った場合は、75歳になった誕生の月だけは、スタートした新制度と、以前まで加入していた健康保険や国民健康保険の自己負担限度額が、半額ずつになります。
それぞれの保険制度に基づき、それぞれ支払った場合、患者の経済的負担が大きすぎるので、作られた特例措置です。
これらの該当者には、それぞれ個別に通知されます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。