病院の格差について

後期高齢者医療制度に関係したさまざまな問題がありますが、中でも心配なものは、医療サービスが縮小される可能性があることです。
この制度によって、各、都道府県で異なった医療報酬が決められるようになりました。
それによって、地域での医療報酬の違いが起きることになります。
また、それ以上に心配されていることが、医療サービスが縮小されてしまうことです。

経営難で閉鎖する病院が増えている中、医療格差によって、病院格差が生まれる可能性があります。
そうなれば人気がある病院、人気のない病院の区別がはっきりと付いてしまいます。
経営がうまく行っている病院はどんどんよくなるでしょうし、反対に患者が来なくて経営状態が悪い病院は医療サービスが悪くなってしまいます。
そうなると、医療サービスの質の格差が、見る見る離れてしまうのではないか、後期高齢者医療制度にはこのような危険性があります。

特にお年よりは昔からずっとお世話になっている主治医がいるはずです。
例えば、新しく設備の良い病院が近所に出来ても、そちらには行かず、行きつけの先生のところで診てもらう人が多いようです。
医者と信頼関係をすでに築いているということもありますし、なかなか病院は変えたがらないですよね。
その病院が順調に経営しているうちはそれでよいですが、その病院が経営難でなくなってしまうことがあったら、とても困りますよね。
また、普段受けていたサービスがなくなることもあります。
今までの治療が受けられないこともあるでしょう。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。