後期高齢者医療制度についてその1

みなさんは、後期高齢者医療制度をご存知でしょうか?
現在は健康保険、または国民健康保険において、扶養家族になっている方で、75才以上の人を対象にした、新しい健康保険制度が作られたのです。

2008年からスタートしているこの新しい医療制度ですが、対象者でない限り、あまり興味が沸かないものですよね。
また、対象者が家族にいらっしゃらない方もあまり興味がないかもしれません。
75歳以上の方、またはその歳にもうすぐなりそうなご家族を持つ方は、このような制度に敏感だと思います。
関係ないと思っている方も。わが国の高齢者に関する医療制度ですから、いずれ私達もお世話になる制度なのです。
知っていても損はありませんから、ここで、この制度についてお話しましょう。

これは、加入しなければならないのでしょうか。
負担費用としてはどれくらいかかるものなのでしょう。

後期高齢者医療制度ですが、医療改悪法によって導入が決められました。
医療改悪法とは、高齢者患者への負担が増したことなどが盛り込まれています。
70才以上の高齢者は、医療費負担を引き上げることや、保険の使えない医療行為を拡大することなどがあります。
また、療養病床の60パーセント削減などもあることから、最も医療を必要とする患者、または高齢者の負担を増やす容赦ないものなのです。

これらの新制度は、後期高齢者と呼ばれる75才以上の方は、今、加入している国民健康保険、または、健康保険を脱退させられます。
そして、後期高齢者だけを対象とした独立保険に入ることになります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。