後期高齢者医療制度における保険料の滞納

後期高齢者医療制度で、保険料を滞納した人はどのように対処されるのでしょうか。
保険料の支払いですが、年金からの天引き、また口座振替、現金で納めるなど、いろいろ方法があります。
保険料を現金で納める予定の人は、250万人で、全体の20パーセントと言われています。

では、この20パーセントの方々が、もし保険料を納めないと、滞納問題はどのように対応されるのでしょうか。
この滞納については、国民健康保険と同じ扱いとなるのです。

75歳以上の老人医療需受給対象者ですと、国民保険の被扶養者であった場合には、保険料は免除でした。
ですが、被扶養者ではない場合、保険料を滞納していても、保険証を取り上げることはありませんでした。
さて、新しい制度、後期高齢者医療制度になりますと、保険料を支払わない人は、保険証が取り上げられます。
そして、その代わりに資格証明書と言うものが発行されます。
保険証が手に入るまで、病院窓口での支払いは全額負担となります。

後日、それを申請したのなら、一部負担したお金以外の額は、戻ってきます。
ですが、実費負担となると病院にかかる度に大金が必要となるのでとても困りますよね。
このシステムですと、保険料を滞納する人に対しては、厳しい措置だと言えるでしょう。
滞納するのは勝手ですが、いざ病院にかかるとなると、高額なお金が一時的ですが必要となってしまいます。
保険料さえきちんと払っていれば、1割負担で済むことを考えたら、滞納しないほうが良いのは一目瞭然です。
病院にかからない自信があるのなら、滞納しても関係ないと思うかもしれません。
ですが、人間いつどんな病気、怪我になるかもしれませんから心配ですよね。


後期高齢者医療制度についてその3

このシステムは75歳以上が対象ですが、75歳になる年から対象者なのでしょうか?
それとも、誕生日を迎えてからなのでしょうか?
この点について説明したいと思います。

後期高齢者医療制度が始まった2008年4月以降において、75歳になった方は、誕生日を迎えた日から、新しい制度の対象となります。
これは、特に手続きなどの必要はないのです。
手続きが不要ということは、選択の余地なく、75歳になったら自動的に新制度に加入となるわけです。
国が決定した制度ですから、私達、国民はこれに従わなければなりません。
私達が選挙で選んだ、私達の代表たちが決めたことですから、私達個人が納得していなくても、新制度に加入したくないと思っても、それは無理な話です。
誰もが75歳になったら、自動的に加入させられてしまうのです。

また、対象の年齢になったら、健康保険など他の保険から移行させられますが、次のようなケースは特別な措置が取られています。
例えば、月の途中において、75歳に達し、後期高齢者医療制度に移行したケースだとしましょう。
誕生日を迎えたその月に、病院にかかり高額な医療費を払った場合は、75歳になった誕生の月だけは、スタートした新制度と、以前まで加入していた健康保険や国民健康保険の自己負担限度額が、半額ずつになります。
それぞれの保険制度に基づき、それぞれ支払った場合、患者の経済的負担が大きすぎるので、作られた特例措置です。
これらの該当者には、それぞれ個別に通知されます。

病院の格差について続き

行きつけの病院がなくなる心配ですが、後期高齢者医療制度の体制にも関係があります。
現状の体制ですと、病院の格差をどんどん作ってしまうことになります。
小さな病院、町のお医者さんにとっても、また、高齢者の患者さんたちにとっても、後期高齢者医療制度はこのようにさまざまな厳しい境遇を作ってしまう制度なのかもしれません。
小さければ小さいほど病院は経営も難しくなってしまうでしょう。
行きつけの病院がもしつぶれてしまったら、ほかの病院に移れば良いのですが、問題はそこではありません。
問題は私たちの健康問題なのです。

本来であれば、病院に頼らず、医者に頼らず、自分で自分の健康を管理するべきなのです。
医療費が政府のお財布を圧迫しつつある現代が、少しおかしな状態なのかもしれません。
規則正しい生活、栄養バランスよい食事、たっぷりの睡眠によって、健康維持をし、病院に行かない生活になれたらよいですね。
人間は何かこうしたトラブルにぶつからないと、自分の生活を正すことはしないようです。
ですから、後期高齢者医療制度が、私たちに基本的な生活を見直すチャンスをくれたと思うべきなのです。

年を取っても、病院に頼らず、健康で生活できたら、もっと楽しみが増えるはずです。
余生を楽しむにはまず健康ですからね。
余生を楽しみ、生き生きとした老後を過ごせるには、健康が第一です。
また、老後を安心して暮らせるような社会にするのは、自分でもあり、そして政府の政策でもあるのです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。